国内空港でもプライオリティパスはおすすめ

プライオリティパスは、世界中の空港ラウンジを使えます。
海外空港のラウンジしか使えないと思っているケースも多いのですが、実は国内空港でも使えるラウンジがあります。

現在国内でプライオリティパスの対象となっているのは、4空港になります。
成田国際空港のT.E.Iラウンジ、 IASSエグゼクティブラウンジ、第一ターミナルではKALラウンジが使えます。
中部国際空港、関西国際空港、福岡空港はKALラウンジが利用可能です。

国内空港でプライオリティパスが使えるのは、ごく一部のラウンジしかありません。
国内空港を利用するなら、クレジットカードのサービスの方が良いと思うでしょう。
クレジットカードであれば、国内の主要空港のラウンジを利用できます。
利用か所も多く、クレジットカードがあれば無理にプライオリティパスを取得しなくても良いと思うでしょう。

ただプライオリティパスは、一部航空会社のラウンジを使えるメリットがあります。
プライオリティパスで利用ができるKALラウンジは、大韓航空が運営しており航空会社のラウンジとなります。

空港ラウンジにはクレジットカード会員向けのラウンジと、航空会社のラウンジがあります。
クレジットカードを持っていれば無料となり、料金さえ支払えば誰でも利用できるのは、クレジットカード会員向けラウンジとなります。
空港ラウンジ無料利用が可能なクレジットカードは、結構な種類が発行されています。
ゴールドカードであれば付帯するサービスなので、会員も相当な数になっているでしょう。
その人たちが使えるわけですから、混み合って使えない…というケースも出てきます。
また中には品位が良くない利用者がいて、空港ラウンジは必ずしも快適な空間ではなくなることもあります。
航空会社のラウンジは、ファーストクラスやビジネスクラスの搭乗者を対象としてます。
利用ができるのは一部の選ばれた人のみとなり、それほど混雑していません。
いつでも快適に、過ごせる可能性が高いです。
またサービスの面でも、クレジットカード会員向けより航空会社のラウンジの方が良くなっています。
ソフトドリンクだけでなくアルコールや軽食の提供などがあったり、ゆったりした空間で雰囲気も良いです。
プライオリティパスがあると航空会社のラウンジを使えるのですから、国内でもプライオリティパスがあった方が良いとなるでしょう。
国内空港しか使わないからプライオリティパスは不要…というのは、間違っているのです。

プライオリティパスのアプリを使おう

クレジットカードでプライオリティパスを発行したのは良いけれど、どこの空港ラウンジで使えるの?と思うことはないでしょうか。
使える空港を知っていても、ラウンジはたくさんあります。
プライオリティパスで使えるのは、どのにあるラウンジ?と迷うこともあります。

プライオリティパスは、クレジットカードで発行をします。
そのためクレジットカード会社のサイトで、プライオリティパスについて調べようとする方も多いようです。
しかしプライオリティパスはクレジットカード会社が発行をしているのではありません。
発行はプライオリティパス社となりますので、クレジットカード会社のサイトでは情報を得ることは難しいです。
いくら調べても情報が出てこない!なんてことになってしまうでしょう。

プライオリティパスがで使えるラウンジなどを知りたいときは、プライオリティパスのサイトでも調べることができます。
ただURLを検索して、いちいちアクセスするのが面倒くさいと思うかもしれません。
プライオリティパスのサイトを携帯のお気に入りにでも入れておけばすぐにアクセスできますが、そういった人は少ないのではないでしょうか。
そこでおすすめになるのが、プライオリティパスのアプリです。
アプリを利用すると、どこでプライオリティパスが使えるのかをすぐに調べることができます。
GPSを使って現在地から近いラウンジを表示することもできます。
アプリは無料ですので、ダウンロードしておくのがおすすめです。
androidでもiPhoneでも、どちらでも利用できます。

またアプリでは、ラウンジの利用時間なども調べられるので便利です。
空港ラウンジの利用時間は、それぞれで異なっています。
7時〜20時までなどといったラウンジもありますし、24時間開いているラウンジもあります。
日中であればほとんどのラウンジを利用できると思われますが、早朝や深夜だと開いているラウンジを調べるのも一苦労でしょう。
そこでアプリの登場です。
アプリではラウンジの営業時間も確認ができるので、非常に便利です。

そのほか年齢制限があるラウンジもあります。
子供と一緒に利用したい…といったときは、注意をした方が良いでしょう。
利用年齢の確認も、アプリで行えます。

プライオリティパスについては、クレジットカード会社で情報を得ようとするのはやめた方が良いでしょう。
プライオリティパス社のサイトか、アプリで調べるのがおすすめです。

ラウンジ利用料は無料なのか?

クレジットカードについているプライオリティパスを利用すれば、海外のラウンジも利用できる、ということは多くの方が理解していると思います。そこで注目したいのが、そのプライオリティパスを利用すると、本当にラウンジが無料で利用できるのか、という部分です。一定の使用料を支払わなければならないのではないか、と思っている方も少なくありません。

今回はプライオリティパスとラウンジの利用料金の関係性に迫ります。

・優良になる場合も無料になる場合もある

実はカードの種類によって、ラウンジの利用料金がかかってくることもあれば、無料で利用できることもあります。年会費の高い高級なタイプのクレジットカードであれば、プライオリティパスを利用して無料でラウンジ利用ができますが、年会費が低めのクレジットカードでプライオリティパスが利用できるタイプのものは利用料金が取られてしまうおそれがあるわけです。

注意してほしいのが、仮に使用料がかかったとしてもその場で現金で支払うわけではない、という部分です。カード決済となってしまうので、そのときにいくらかかったのかが把握できない可能性もあるわけです。
特に同伴者がいる時に有料になるか、それとも無料というのは大きな違いになってしまいます。事前にカードの機能を調べておきましょう。

同伴者のラウンジ利用料とは?

クレジットカードについているプライオリティパスですが、実際に多くの方が利用しているものなのです。そのプライオリティパスですが、同伴者のラウンジ利用料というものに注目したいところです。プライオリティパスがついていれば同伴者も無料になるのではないか、と思っている方もいるかもしれません。たしかにそのようなケースが有ることも事実なのですが、必ずしもそうとはいえないわけです。

今回はクレジットカードに付帯しているプライオリティパスと同伴者のラウンジ利用料金についてお話します。

・同伴者無料系のクレジットカードの年会費は高い

基本的に、同伴者の料金は支払わなければなりません。ただし、一部の年会費が高額なクレジットカードであれば同伴者も無料で利用できます。
同伴者もラウンジが無料で利用できるタイプのクレジットカードの年会費ですが、50,000円前後してしまうものも珍しくはありません。ですからしっかりと使いこなさなければ、もったいないのです。

・同伴者のラウンジ利用が無料の場合はどの程度費用が発生するのか?

2,000円から3,000円程度が目安となっています。
それほど高額ではありませんが、年間に5回や6回海外に行く、といった場合にはかなりの金額になってしまうことも考えられます。様々な国を旅行する場合にも幾つものラウンジを利用する可能性がありますよね。年会費とラウンジ利用料のバランスをしっかりと考えておく必要があります。

同伴者のことも考えてみる

プライオリティパスがあると、世界中の空港ラウンジを使えるようになります。
海外渡航をするときには、もっておきたいものでしょう。

プライオリティパスは、同伴者も利用ができます。
しかし無料ではなく、有料となってしまいます。
プライオリティパスでは同伴者は27ドルです。
クレジットカードで発行した場合は、それぞれで同伴者の利用料金が設定されています。
だいたい2,000円〜3,000円程度に設定されているようですね。

同伴者も利用できるといっても、決して安い金額ではありません。
数十分、数時間利用するだけで、何千円も支払うのはちょっと…と思ってしまうのではないでしょうか。
有料なら空港ラウンジをは利用しなくても良いか…となるでしょう。
また自分だけ空港ラウンジを無料で利用するのは、同伴者に悪いとも思います。
プライオリティパスを持っていない同伴者のことを考えると、空港ラウンジを使いたいけど使えない…なんてなってしまいます。

プライオリティパスを発行するときに、同伴者のことも考えるのはおすすめです。
同伴者も無料となるプライオリティパスを選べば、同伴者に気兼ねなく空港ラウンジを利用することができます。
それに同伴者にも、ありがたいと思われるでしょう。
家族、恋人、同僚など同伴者との空港利用が多いなら、同伴者も無料となるクレジットカードでプライオリティパスを発行すると良いでしょう。

ただ同伴者も無料となるプライオリティパスが発行できるクレジットカードは、そう多くはありません。
JCBザ・クラス、スルガVisaプラチナクレジット、楽天ブラックカード、アメックスプラチナ、アメックスセンチュリオン、スルガVisa インフィニットなど、ごく一部しかないのです。
しかも招待制をとり、自ら申込みができないクレジットカードばかりとなります。
そして年会費も高額になってしまいます。
アメックスセンチュリオンにいたっては、年会費は350,000円にもなってしまいます。
よほどの富裕層でないかぎり、発行するのは難しいクレジットカードでしょう。

同伴者も無料のプライオリティパスを発行するのは、難しいと言えます。
それでも発行できる可能性があるなら、取得を目指しても良いでしょう。
だいたいは同伴者1名まで無料となりますが、アメックスセンチュリオンや楽天ブラックカードは同伴者2名まで無料です。
スルガVisa インフィニットなら、同伴者は全員無料のプライオリティパスが付帯しますよ!

おすすめプライオリティパス付きクレカのセゾンプラチナビジネスアメックス

ここまでプライオリティパスとクレジットカードの関係性についてお話してきました。最後におすすめのプライオリティパス付きクレジットカードを紹介します。そのクレジットカードですが「セゾンプラチナビジネスアメックス」といいます。素晴らしい特徴を持っているカードなので必見ですよ。

・セゾンプラチナビジネスアメックスの特徴とは?

年会費が20,000円の設定となっています。アメックスであり、しかもプラチナカードで法人カードでもあると考えると、20,000円の年会費はかなり低めの設定、と言っても間違いではありません。
20,000円でプライオリティパスがついてくる、という部分も見逃せません。

ちなみに法人カードなのですが、実はサラリーマンでも申し込みができるクレジットカードなのです。法人経営者や個人事業主専用のクレジットカードというわけではありません。

プライオリティパスとは関係ありませんが羽田空港の国際線ターミナルのラウンジが利用できる、といったメリットもあります。

券面デザインにも注目しましょう。あのアメリカンエキスプレスのマークがしっかりと描かれているのです。カードを会計時に出すときに少しいい気分にさせてもらえる、というカードでもあるのです。