プライオリティパスはクレジットカードで発行

プライオリティパスがあると、世界中の空港ラウンジを快適に利用することができます。
世界130国、500都市、1,000の空港ラウンジを利用できます。

空港ラウンジではドリンク、アルコール、軽食などの提供があります。
マッサージチェアやシャワールームがあるラウンジもあります。
Wi-Fi環境が整っておりパソコンなども使えます。
ラウンジによってはビジネスデスクや会議室がある場合も。

空港では時間を持て余すことが多いです。
空港ラウンジを利用できると、有効的に時間を使えるようになります。

クレジットカードだけでも、空港ラウンジを使うことはできます。
ただクレジットカードの場合は、国内空港がメインとなります。
海外空港も利用できることがありますが、ハワイホノルルや韓国仁川空港くらいでしょう。
クレジットカードでは、ほぼ国内空港のラウンジしか利用できないのです。
海外渡航が多い人は、プライオリティパスは必要となるでしょう。

プライオリティパスは直接申込もできます。
しかしおすすめなのは、クレジットカードでの発行です。
プライオリティパスが付帯するクレジットカードを発行すれば、無料でプライオリティパスの取得ができます。

プライオリティパスには3つの会員資格があり、それぞれで年会費や無料利用できる回数などが違います。
おすすめなのは最高ランクのプレステージ会員です。
プレステージ会員は年会費399ドルを支払えば、いつでも無料で空港ラウンジを利用することができます。
いつでも料金を気にせずに、空港ラウンジを利用できるのは便利ですよね。
クレジットカードならこの年会費399ドルを支払わずに、プレステージ会員のプライオリティパスを取得できるのでお得です。
399ドルというと1ドル100円にしても、40,000円程度となります。
これが無料になるのですから、クレジットカードで発行しないとバカらしいと思うくらいでしょう。
実際現在は、ほとんどがクレジットカードでプライオリティパスを発行しているようです。
個人で399ドルを支払ってプライオリティパスを取得している人は珍しいのです。
プライオリティパスを発行したいけれど、どうしてもクレジットカードの審査に落ちてしまう…。
お金に余裕があるので、特にお得な方法を選ぶ必要ない。
そのような人しか、プライオリティパスは自分で発行しないでしょう。

プライオリティパスは、ぜひクレジットカードで取得をしてください。

プライオリティパス付き人気のクレジットカード

プライオリティパスが発行できるクレジットカードの中で、人気のものを紹介しましょう。
どのクレジットカードにするか?!迷っている方は参考にしてください。

・楽天プレミアムカード
プライオリティパスを発行できるクレジットカードでは、年会費が一番低くなっています。
年会費が10,000円(税別)で、プライオリティパスを発行できてしまいます。
ポイント還元率が1.0%あり、楽天市場ではポイント5倍になるなど、ポイントがたまりやすいクレジットカードでもあります。
ゴールドカードなのかプラチナカードなのかよくわからないクレジットカードなのですが、比較的審査も通りやすいのでおすすめです。

・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
家族会員にもプライオリティパスを発行できるクレジットカードです。
年会費は20,000円(税別)、家族会員は1人目無料、2人目より3,000円(税別)です。
比較的低い年会費で、家族会員にもプライオリティパスを発行できることで注目されています。
家族で空港ラウンジを使いたいならおすすめ。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ビジネスカードでプライオリティパスを発行するなら、おすすめのクレジットカードです。
年会費は20,000円(税別)ですが、年間200万円以上利用をすれば翌年度の年会費が半額になります。
10,000円(税別)でプライオリティパスを発行できるのはお得ですね。
JALマイルも貯めやすく、JALマイラーにもおすすめです。

・楽天ブラックカード
年会費は30,000円(税別)のクレジットカードです。
プライオリティパスは同伴者も2名までなら、無料で利用することが可能です。
同伴者も無料、しかも2名まで無料になるクレジットカードはそうありません。
ただ楽天ブラックカードは、招待による入会しかできません。
楽天プレミアムカードを使い、招待を待つのが良いでしょう。

・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
プライオリティパスを発行するには、別途10,000円(税別)が必要です。
クレジットカードの年会費は10,000円(税別)ですので、合計20,000円(税別)が必要です。
それなら楽天プレミアムカードやMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの方がおすすめなのですが、ゴールドカードなので比較的審査通過しやすいのがメリットです。

プライオリティパス以外にも注目してみる

プライオリティパスはクレジットカードで発行するのがおすすめです。
世界中の空港ラウンジを使いたいのであれば、プライオリティパスが付帯するクレジットカードを選択しましょう。
ただプライオリティパスが付帯していれば、どんなクレジットカードでも良いわけではありません。
プライオリティパス以外のサービスなども考慮し、クレジットカードを選ぶようにしてください。

・年会費
プライオリティパスが付帯するクレジットカードは、年会費が高額になります。
年会費が35万円以上なんていうクレジットカードもあるくらいです。
「年会費なんていくらでも良い」という方なら良いですが、なるべく年会費は低い方がコスパは高いでしょう。
年会費負担が高すぎても困りますから、自分でどのくらいまで出せるか、決めてからクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

・ポイントサービス
クレジットカードを使うとポイントがたまります。
ポイント還元率が高い方が、お得なクレジットカードとなります。
ただプラチナカードなどを使う人は、それほどポイント還元率は気にしないことも多いようです。
富裕層が多いので、ちまちまとポイントをためて節約をする…なんてしないのです。
ただポイントはたまらないより、たまる方が良いです。
ポイントサービスもチェックして、クレジットカード選びをしましょう。

・旅行保険
プライオリティパスを使いたいと思うのは、海外に行く機会が多いからでしょう。
海外に行くときにあると安心できるのが、海外旅行保険です。
海外旅行保険が充実しているクレジットカードで、プライオリティパスを発行するのはおすすめです。
海外旅行保険は後遺障害や死亡時の最高金額だけでなく、疾病や傷害治療の補償金額なども調べておきましょう。
また海外旅行保険でなく、国内旅行保険も付帯していると安心できます。

・コンシェルジュサービス
プラチナカード以上になると、付帯するサービスです。
24時間いつでも何でも頼み事や相談をすることができます。
旅行や出張の手配、一言さんお断りといった高級飲食店の予約などもできてしまいます。
あると便利なのでコンシェルジュサービスが付帯するかもチェックしておきましょう。

・その他サービス
クレジットカードにはプライオリティパスだけでなく、様々なサービスが付帯します。
手荷物無料宅配、送迎サービスなど、旅行時に役立つものもあります。
こういったサービスを比較し、自分が使いたいものがあるクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

プライオリティパスなしでもOKのクレジットカード

プライオリティパスがなくても、世界中の空港ラウンジを使えるクレジットカードもあります。
それがダイナースクラブカードです。
ダイナースクラブは、独自のクラブラウンジを持っています。
国内外の空港600か所以上となり、ダイナースクラブ会員になると利用することができます。
現在も利用か所は増えていますしこれだけでのラウンジをカバーしていれば、プライオリティパスがなくても困ることはないと言われています。

そしてダイナースクラブは、一部のVIPラウンジの利用もできます。
ファーストクラスやビジネスクラスの搭乗者を対象にしたVIPラウンジを、座席ランクにかかわらず利用できるようになるのです。
他社航空機でのフライトでも利用できますので、格安航空機の搭乗でもOKです。
これならプライオリティパスがなくても良いと思えるでしょう。

ダイナースクラブカードの年会費は、22,000円(税別)となります。
年会費は30,000円を超える年会費のプラチナカードより、低く発行することができます。
高い年会費のプラチナカードでプライオリティパスの発行を目指すより、ダイナースクラブを持った方がお得と言えるかもしれません。

ただダイナースクラブは、非常にステータスの高いクレジットカードです。
他社と提携してクレジットカードを発行しておらず、発行されているのはプロパーカードのみとなります。
そのため種類が少なく、取得が難しいクレジットカードとなっています。
富裕層を対象としたクレジットカードとなっており、年収は最低でも500万円は必要とされています。
また医師や弁護士など地位や名誉が高いと思われる職業に発行されやすく、年収が高いだけでは発行できないケースもあります。
以前より審査基準は引き下がっているとは言われていますが、まだまだ高嶺の花…と感じる方も多いクレジットカードでしょう。
審査が不安な方には、おすすめはできないクレジットカードとなります。

ちなみにダイナースクラブのクレジットカードは、すべてにプライオリティパスが付帯しないわけではありません。
ダイナースプレミアム、ANAダイナースプレミアム、BMWダイナースプレミアムなどは、プライオリティパスが付帯します。
ダイナースクラブのラウンジも使え、プライオリティパスも付帯すれば、ほぼどのラウンジも使える…といえそうです。
ただこれらのクレジットカードは招待のみでの発行となり、より発行は難しくなってしまいます。

インビテーションは必要か?不必要か?

プライオリティパス付きのクレジットカードは基本的には高級なタイプが多くなっているわけです。高級なクレジットカードということは、ゴールドカードやプラチナカードのことを指しているわけですが、問題は申し込み条件です。クレジットカードは自分が申し込みをしたいと思っても、申し込み条件に合致していなければ自動的に審査落ちとなってしまいます。時間の無駄にもなってしまうので、クレジットカードの申し込み前には必ず申し込み条件をチェックしましょう。

今回はプライオリティパス付きクレジットカードに申し込むときにはインビテーションは必要なのか、ということをお話します。

・インビテーション付きカードの場合もありえる

プライオリティパス付きクレジットカードは少し特殊なものなので、インビテーションがなければ申し込みができない、といったタイプのものも珍しくはありません。一方で、インビテーションが無しでも申し込みができるカードも存在していることは事実なのです。

ですから必ずしもインビテーションがなければプライオリティパスを利用できないというわけではありません。

・インビテーションを貰うためにはどうしたら良いのか?

カードをしっかりと使いこなすことです。ゴールドカードを毎月一定以上利用することで、プラチナカードのインビテーションが来ることもあります。年間で100万円から200万円利用が一つのボーダーラインとなっています。