家族にもプライオリティパスを発行しよう

家族旅行なんかだと、家族全員で空港ラウンジを利用したいと思うでしょう。
プライオリティパスを持っていても、空港ラウンジが無料となるのは基本的に本人のみです。
家族も無料で使えたら良いですよね。

家族も無料で空港ラウンジをを使う方法が、全くないわけではありません。

・同伴者も無料となるプライオリティパスを選ぶ
クレジットカードの中には、同伴者も無料となるプライオリティパスを発行できるものがあります。
同伴者1名〜2名まで無料となれば、家族も無料で空港ラウンジを利用することができます。
ただ同伴者も無料のプライオリティパスを発行するのは、簡単なことではありません。
招待制となるクレジットカードが多く、取得が難しくなっているのです。
今すぐ発行するのは、無理とも言えるでしょう。

・家族会員にもプライオリティパスを発行する
同伴者無料のプライオリティパスが付帯するクレジットカードよりも、こちらの方が発行しやすいでしょう。
プライオリティパスは本カード会員のみ対象となるサービスではありますが、家族会員にもプライオリティパスを発行できるクレジットカードがあります。
家族カードの発行時は、本カードのときのように厳しい審査はありません。
本カードの利用状況に問題がなければ、ほぼ発行されると思われます。
比較的容易に発行でき、さらにプライオリティパスも付帯できるのは嬉しいですよね。
家族に家族カードを持たせプライオリティパスを発行すれば、家族で空港ラウンジを無料で利用できるよういなります。

家族会員にもプライオリティパスを発行できるクレジットカードでは、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが人気です。
年会費20,000円(税別)と低めになっており、コストパフォーマンスが良いためです。
家族会員は1人目無料、2人目から3,000円(税別)となっており、家族カードの年会費もお得です。

JALマイルを貯めているなら、JALプラチナ アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。
このクレジットカードはJALカードとMUFGカードが提携して発行されています。
プライオリティパスに関してはMUFGカードの基準となりますので、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードど同様、家族会員にもプライオリティパスを発行できるようになっています。
年会費は31,000円(税別)で、家族会員は15,500円(税別)です。

プライオリティパスの有効期限切れに注意!

プライオリティパスは1度発行をしたら、一生使えるものではありません。
有効期限が設定されており、利用をできるのはその間のみです。
有効期限を切らすケースが多いですので、注意をしておきたいところです。

プライオリティパスパスの有効期限は、2年間とするクレジットカードが多くなっています。
ただクレジットカードにより異なり、1年間だったり3年間だったりすることもあるようです。
クレジットカードにも有効期限がありますが、プライオリティパスも同じ有効期限であることはありません。

プライオリティパスの有効期限が切れたらどうなるか。
空港ラウンジを使えなくなってしまうだけです。
空港ラウンジをを使わないのであれば有効期限を更新しなくても良いですが、今後使うときが来るかもしれません。
クレジットカードで無料で発行できるなら、新しい有効期限のプライオリティパスに申込みをしておくのがおすすめです。
申込みをしてもすぐに届くわけではありませんので、急な旅行などでは発行が間に合わないこともあります。

プライオリティパスの有効期限は、自動的に延長されません。
一部更新手続き不要となるクレジットカードもありますが、ほとんどは自分で再申込みをする必要があります。
有効期限が近づくとメールなどで知らせてくれるクレジットカードもあります。
クレジットカード会社からのメールや郵送物は、不要と思わず目を通しておくと良いでしょう。
プライオリティパスの再申込は、クレジットカード会社に依頼をします。
クレジットカードの会員サイトなどから申込みをしましょう。
クレジットカード会社により発行期間は異なりますが、2週間程度で新しい有効期限のプライオリティパスが届きます。

プライオリティパスは有効期限内でも、使えなくなることがあります。
それはプライオリティパスを発行した、クレジットカードを解約してしまったときです。
プライオリティパスの有効期限がまだあれば使えそうな気がしますが、クレジットカードがあってこそのもの。
クレジットカードを解約してしまうと、その時点でプライオリティパスは使えなくなると思っておきましょう。
クレジットカードの解約時は、今まで使っていたサービスも使えなくなりますので注意が必要です。

海外に行く直前になり、プライオリティパスの期限が切れている!といったことがないように気を付けてください。
せっかくプライオリティパスがあっても、使えなのであれば意味がなくなってしまいます。

プライオリティパスを使えないときもある

プライオリティパスがあると、世界中の空港ラウンジを利用することができます。
しかし絶対にどこのラウンジでも利用できる!とは限りません。
プライオリティパスが使えないケースもあるのです。

・プライオリティパスの対象外
空港にはいくつものラウンジが用意されています。
中には航空会社の上級会員しか使えないラウンジもありますし、プライオリティパスと提携をしていないラウンジもあります。
こういったラウンジは、プライオリティパスを持っていても利用することができません。
プライオリティパスが利用できる空港であっても、対象外となるラウンジもあるので気を付けましょう。

・プライオリティパスの有効期限切れ
プライオリティパスには、有効期限があります。
期限が切れていると、利用をすることはできません。
プライオリティパスの券面に有効期限が刻印されていますので、確認をしておきましょう。
プライオリティパスの有効期限がもう少しで切れるというときは、再申込みをしなければなりません。
発行したクレジットカード会社に、再度申込をしてください。
プライオリティパスは自動的に有効期限が更新されるクレジットカードは少ないので、自分で申込みをしなければならなのです。

・ラウンジが混み合っている
空港ラウンジが満室だと、プライオリティパスがあっても利用を断られることがあります。
特にクレジットカード会員向けのラウンジは、混み合っていることが多いようです。
クレジットカード会員向けのラウンジは利用対象者が多かったり、それほど広くないラウンジもあったりするためです。
満室の場合は利用をあきらめるか、時間をおいてくるかしかないでしょう。
また入室を断られなくても、混み合っていると利用時間を制限されることがあります。

・クレジットカードを解約している
プライオリティパスを発行しているクレジットカードの会員資格を失うと、プライオリティパスは使えなくなってしまいます。
プライオリティパスの有効期限内であっても、クレジットカードを解約してしまうと、利用ができなくなってしまうのです。
プライオリティパスを使いたいなら、発行したクレジットカードは解約せずに持ち続けていた方が良いでしょう。
クレジットカードは年会費がかかりますので使わなければ解約をした方が良いのですが、プライオリティパスを使うなら持っていてください。
プライオリティパスを個人で発行するより、お得な年会費であることが多いためです。

プライオリティパスはプレステージ会員がおすすめ

プライオリティパスには、会員ランクがあります。
スタンダード、スタンダードプラス、プレステージ会員の3つがあります。
プライオリティパスを発行するときに、まずどのランクにするかで迷うかと思います。

ランクを選ぶさいは、どのうらい空港ラウンジを使うのかを考えましょう。
プライオリティパスは会員ランクにより、年会費などが異なります。

・スタンダード会員
年会費99ドル、利用金額は都度27ドル
・スタンダードプラス会員
年会費249ドル、利用金額は10回まで無料、それ以降は都度27ドル
・プレステージ会員
年会費399ドル、利用金額は何度でも無料。
※同伴者はすべてのプランで1人27ドルです。

それほどラウンジを利用しないのであれば、スタンダード会員で良いと思われます。
ただおすすめなのは、プレステージ会員です。
利用回数に制限がないので、一番使いやすいでしょう。

プレステージ会員は利用金額は無料だけれど、年会費が高くて…と感じるかもしれません。
しかしクレジットカードなら、年会費無料でプライオリティパスを発行することができます。
クレジットカードでプレステージ会員のプライオリティパスを発行する、これが一番お得でおすすめです。

クレジットカードで発行できるプライオリティパスは、プレステージ会員が多いです。
しかし中にはスタンダート会員となることがありますのっで注意をしましょう。

アメリカン・エクスプレス・カード、アメリカン・エクスプレス・ゴールド・カードにはプライオリティパスが付帯しますが、プレステージ会員ではなくスタンダード会員となります。
スタンダード会員の年会費99ドルは無料となりますが、無料でプライオリティパスを使えるのは年間2回までとなります。

3回目以降は27ドルの利用金額を支払わなければなりません。
アメックスではアメリカン・エクスプレス・プラチナ・カードや、アメリカン・エクスプレス・センチュリオンにならないと、プレステージ会員のプライオリティパスは付きません。
またSuMi TRUST CLUB ゴールドカードも、プライオリティパスが付帯しますがスタンダード会員となります。
プライオリティパスの年会費99ドルは無料ですが、利用のたびに27ドルの料金が発生します。
無料でプライオリティパスは利用できませんので、注意してください。

プレステージ会員のプライオリティパスは、楽天プレミアムカード、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなどのクレジットカードがおすすめです。

そもそもプライオリティ・パス付きのクレカの年会費はどれくらい?

ラウンジ利用がしたいので、プライオリティパスの付いているクレジットカードを利用したい、と考えている方はかなり多いと思います。そういった方で注意してほしいのがクレジットカードの年会費です。どの程度の金額に設定されているのか、ということは事前に確認をしておきましょう。

そもそもプライオリティパス付きのクレジットカードは年会費が高めに設定されていることも珍しくありません。高額な経費が毎年発生してしまうおそれもあるわけです。

今回はプライオリティパス付きクレジットカードの年会費についてお話します。

・最低でも10,000円はかかってくる

コストパフォーマンスが良いクレジットカードとして知られているのが、楽天プレミアムカードです。楽天プレミアムカードであれば、年会費10,000円でプライオリティパス付きとなっているわけです。

しかし、通常のプライオリティ・パス付きクレジットカードの年会費は15,000円程度はしてしまうものです。平均相場としては、20,000円から30,000円程度になることも珍しくありません。

もちろん年会費が安ければよいというものではありません。プライオリティパス以外のサービスもチェックした上でそのカードが良いのか、他のカードが良いのかを判断しましょう。