MUFGカード・プラチナ・アメックス

・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

空港ラウンジは国内28空港、ハワイ・ホノルル空港を利用できます。
海外ラウンジは、プライオリティパスで利用できるようになります。
2,000円程度を支払えば、同伴者も海外空港のラウンジを利用できます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、家族会員にもプライオリティパスの発行が可能です。
プライオリティパスは付帯していても、発行できるのは本カードのみというクレジットカードもあります。
しかしMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、家族会員にも発行が可能。
家族でプライオリティパスを持つことが出来るので、海外空港のラウンジを利用しやすいでしょう。

・年会費
20,000円(税別)で、家族会員は1枚目無料、2枚目より3,000円(税別)となります。
家族カードは1枚目無料なのに、プライオリティパスを発行できるのはスゴイですよね。
本カード+家族カード1枚で年会費は20,000円なのに、プライオリティパスを2人分も発行できるのはお得です。
プライオリティパスはプレステージ会員だと年会費が399ドルですから、2枚発行すると798ドルにもなります。
日本円にすると80,000円以上にもなりますから、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでのプライオリティパスはかなりお得です。

しかも自動リボ払いの「楽Pay」に登録をすると、年会費は税込価格から3,000円割引される優遇があります。
さらに年会費を節約することも可能です。
リボ払いにするとリボ手数料が必要となりますが、少額であれば年会費が3,000円割引になった方がお得でしょう。

・申込資格
原則として20歳以上で本人に安定収入がある方(学生は不可)。
プラチナカードの申込条件としては、それほど厳しいクレジットカードではないと言えるでしょう。

・プラチナならではのサービス
プライオリティパスだけでなくコンシェルジュサービス、プラチナ・グルメセレクション、スーペリア・エキスペリエンスなど、プラチナカードならではのプレミアムなサービスがあるクレジットカードです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは家族もプライオリティパスを発行したいならおすすめのクレジットカードです。
プライオリティパスが付帯するクレジットカードの中では発行しやすい年会費なのも嬉しいです。

JCBプラチナ法人カード

・JCBプラチナ法人カード

空港ラウンジは国内28空港、ハワイ・ホノルル空港が利用できます。
またJCBカードでは、中国国内の26空港のラウンジも利用ができます。
期間限定のサービスではありますが、2102年8月31日から現在まで継続されています。
中国空港では中国語での対応となりますが、中国によく行く方にはおすすめのクレジットカードです。
中国以外の海外空港ラウンジを利用する場合は、プライオリティパスを発行しましょう。
プライオリティパスがあれば、世界中の空港ラウンジを利用できます。
2,000円程度の料金を支払えば、同伴者の利用も可能です。

・年会費
30,000円(税別)で、追加カードは6,000円(税別)です。

・申込資格
18歳以上の法人または個人事業主となります。
法人向けのクレジットカードですので、サラリーマンは発行対象外となってしまいます。
プラチナカードは発行基準が高く、招待がないと取得ができないクレジットカードも多いです。
それに25歳以上、30歳以上など、申込みできる年齢に制限があるクレジットカードもあります。
JCBプラチナ法人カードは18歳以上であれば申込ができますし、招待がなくても申込ができます。
プラチナクラスのクレジットカードとしては、申込基準は高くないと言えるでしょう。
法人や個人事業主には、おすすめのクレジットカードです。

・グルメ・ベネフィット付帯
レストランのコースメニューを2名以上で利用すると、1名分が無料になるサービスがあります。
全国100以上のレストランが対象となるので、利用する機会はあるでしょう。
高級レストランなので1名分でも、無料になるとお得です。
家族や恋人と利用するのもよし、接待に利移用するのもおすすめです。

・カーアクシデントケア見舞金あり
交通事故により入院したとき、自動車事故により携行品に損害が生じたとき、ETC車載器が盗難されたとき、高速道路のETCゲート通過時時に事故に遭った時、高速道路走行中に車両が走行不能になったときなどに見舞金が支払われます。

JCBプラチナ法人カードは、プライオリティパスを発行できるクレジットカードです。
国内出張だけでなく海外出張も多いなら、あると重宝するはずでs。
法人カードとしては最高峰のプラチナカードなので、ステータスもあります。
ビジネスの面では高ステータスのクレジットカードの方が、取引相手に信用されるメリットもあるでしょう。

JAL・JCBカードプラチナ

・JAL・JCBカードプラチナ

空港ラウンジは国内28空港、ハワイ・ホノルル空港が利用できます。
JCBプラチナカードになると、同伴者も1名まで無料で利用することができます。
同伴者がいるときも、空港ラウンジを使いやすいクレジットカードでしょう。
またJCBカードのゴールドかカード以上の特典として、中国国内26空港のラウンジも利用可能となっています。
中国以外の海外空港のラウンジは、プライオリティパスにより利用することができます。
ただJALのサクララウンジは、利用対象外となっています。
サクララウンジを使えると嬉しいといった声が多いのですが、現在はクレジットカード会員になるだけでは利用が不可のようです。

・年会費
31,000円(税別)、家族会員は15,500円(税別)です。
本カードはプラチナカードとしては一般的ですが、家族会員の年会費はやや高めの設定と言えるかもしれません。

・申込資格
日本に在住している20歳以上で、本人に安定収入がある方。
学生は不可です。
JALカードの最高ランクとなるクレジットカードですので、簡単に審査を通過できるとはなりません。
審査対策をして取得を目指すようにしましょう。

・JALフライトでマイルがたまる
搭乗ボーナスはフライトマイルの+25%、新規入会搭乗で5,000マイル、 毎年初回搭乗で2,000マイルがたまります。
フライトのたびにマイルをがっつり貯めることができるクレジットカードです。
プライオリティパスを使いたい人は、海外にJAL便で渡航することもあるでしょう。
海外はフライト区間が長いので、よりマイルをためられます。

・JALマイルがショッピングでたまる。
JAL・JCBカードプラチナは、ショッピングマイルプレミアムに年会費無料で自動登録がされます。
ショッピングでは100円に1マイルがたまるようになり、マイルをためやすいです。
そしてJALの航空券や機内販売などで利用すると、アドオンマイルが100円に2マイル付与されます。
マイルをどんどんためやすく、JALマイラーに必携のクレジットカードです。

JAL・JCBカードプラチナは、JALマイルを貯めているならおすすめのクレジットカードでしょう。
フライトはもちろん、ショッピングでもマイルはたまりやすいです。
プライオリティパスも付帯しますので、海外渡航が多い人にも向いています。
日本生まれのJCBブランドのクレジットカードが、安心できる旅を演出してくれるでしょう。

三井住友VISAプラチナカード

・三井住友VISAプラチナカード

空港ラウンジは国内28空港のラウンジを利用できます。
1名までなら同伴者も無料でラウンジ利用ができます。
通常同伴者は250円〜1,500円程度の利用料金が必要なので、同伴者がいても空港ラウンジを利用しやすいでしょう。
プライオリティパスが付帯しており、世界中の空港ラウンジを利用することも可能です。
三井住友VISAプラチナカードの特徴となるのが、家族会員にもプライオリティパスの発行が可能ということです。
家族会員にプライオリティパスは発行できないクレジットカードもありますので、家族もプライオリティパスを使いたいならおすすめのクレジットカードです。

・年会費
50,000円(税別)、家族カード1,000円(税別)です。
VISAとマスターカードをどちらも発行した場合には、55,000円(税別)となり年会費が優遇されます。
家族カードは何枚発行しても無料なのに、プライオリティパスを発行できるのはお得でしょう。
VISAとマスターカードは加盟店が多いクレジットカードブランドなので、両方持っていれば最強です。
三井住友VISAカードは自動リボ払いの「マイ・ペイすリボ」の登録により年会費の優遇がありますが、三井住友VISAプラチナカートは対象外となっています。

・申込資格
原則として満30歳以上、本人に安定継続収入のある方。
三井住友VISAプラチナカードは、以前は35歳以上から、発行は招待のみのクレジットカードでした。
しかし現在は30歳に引き下げられ、招待だけでなく自分で申込みをしての入会もできるようになっています、
以前よりは発行しやすいクレジットカードになったと言えるでしょう。

・プラチナならではのサービスが満載
プラチナホテルズ…ホテルや旅館で部屋や料理のアップグレードなどの特典があります。
プラチナグルメクーポン…レストランで2名以上のコース料理を利用すると、1名分が無料となります。
コンシェルジュサービス…24時間、365日サポートをしてくれるサービスです。
宿泊や異動手段の手配など、面倒なことを電話一つで承ってくれるので便利です。

三井住友VISAカードは、日本で初めてVISAカードを発行したクレジットカード会社です。
歴史があり信頼も高いので、三井住友VISAプラチナカードは、どんな人にもおすすめできます。
プライオリティパスが付帯し、しかも家族会員にも無料でプライオリティパスを発行できるので、家族で海外に行くならおすすめのクレジットカードでしょう。

JALアメックス・プラチナ

・JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

空港ラウンジは国内28空港、ハワイ・ホノルル空港を利用できます。
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナは、同伴者も1名までなら無料で空港ラウンジを利用することができます。
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナは三菱UFJニコスのMUFGカードとJALカードが提携して発行していますが、MUFGカードのクレジットカードで同伴者も無料になるのはJALカードのみとなっています。
海外空港はプライオリティパスがあるので、世界中の空港ラウンジを無料利用できます。
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナのメリットとなるのは、家族会員にもプライオリティパスを発行できる点です。
MUFGカードでは家族会員もプライオリティパスを発行できるクレジットカードが多く、家族で海外に行く機会がある方にはおすすめです。
ちなみにJALのサクララウンジの利用はできません。

・年会費
31,000円(税別)、家族会員は15,500円(税別)です。
家族会員の年会費がやや高めに感じるかもしれませんが、プライオリティパスを発行すれば年会費の元は取れるでしょう。
プライオリティパスのプレステージ会員の年会費は399ドル(日本円で40,000円以上)になってしまいますので。

・申込資格
原則として20歳以上で本人に安定収入がある方。
学生は不可です。
JALカードの最上位クレジットカードとなりますので、審査は甘くはないでしょう。

・JALマイルを貯めやすい
新規入会搭乗で5,000マイル、毎年初回搭乗で2,000マイル、区間マイルボーナスは25%と、フライトでJALマイルをためやすいクレジットカードです。
またJAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナは、ショッピングでもマイルを貯めやすいのが嬉しいです。
ショッピングマイルプレミアムには無料で自動登録となり、100円利用ごとに1マイルが付与されます。
さらにJALの航空系など対象商品の購入時には、アドオンマイルとして100円に2マイルが加算されます。
フライトでもショッピングでも、マイルを貯めやすいクレジットカードなのです。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナは国内空港は同伴者1名も無料、プライオリティパスは本カード会員だけでなく家族会員にも発行が可能です。
空港ラウンジを利用したいならおすすめのクレジットカードでしょう。