MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードもプライオリティパス付き

MUFGカードは人気の高いクレジットカードです。その中でも最高峰と言われることのあるクレジットカードがMUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードです。

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードもプライオリティパス付きのクレジットカードとなっているのです。しかも大人気となっており、利用している伊方も少なくありません。

今回はMUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴に迫ります。

■MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴を調べてみた

・本会員も家族会員もプライオリティパスに登録可能

本会員だけがプライオリティパスに登録できるのではありません。家族会員に関してもプライオリティパスに無料登録が出来るのです。

しかも、実はこのカードには年会費的な注目の特徴があります。

・オトクな年会費について

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの本会員年会費は20,000円+消費税となっています。プライオリティパス付きクレカとしては平均的な年会費、といっても良いでしょう。

注目してほしいのが家族会員の年会費です。家族会員の年会費は無料の設定になっています。であるにも関わらず家族会員のプライオリティパスも無料登録できるのです。

SBIプラチナカードもラウンジ利用し放題!

プライオリティパス付きのクレジットカードはまだまだあります。今回紹介するのは、SBIプラチナカードです。果たしてどのような特徴を持っているのでしょうか。

■SBIプラチナカードの特徴とは?

・プライオリティパスに自動登録される!

プライオリティパスに登録する手間というものが全くありません。入会すると自動登録がされ得るわけです。
ちなみにSBIプラチナカードのプライオリティパスは会員本人と同伴者1名まではラウンジを無料利用できるのです。通常は27ドルかかるわけですが、その27ドルを節約できる、といったメリットがあるカードなのです。

・保険が素晴らしい

国内旅行保険と海外旅行保険の最高補償医学は1億円の設定となっています。高額の補償もしてくれるので、安心して旅行ができるカード、といっても過言ではありません。

・国際ブランドについて

SBIプラチナカードに関してはマスターカードが国際ブランドとしてついています。選択性はないのは残念ですが、マスターカードは全世界的に利用しやすいブランドです。海外旅行先でも利用できますし、国内利用も可能です。さらにインターネット通販で利用する、といったこともできるわけです。

・ポイント還元率が高い

上級カードとしては珍しいほどの高ポイント還元率です。1.0%から1.2%の設定となっています。

JAL プラチナもプライオリティパス付きおすすめカード

プライオリティパス付きのクレジットカードとしておすすめのカードの一つなのがJAL プラチナです。JALを利用する機会が多い、という方には欠かせないカードですがプラチナカードでもあるので、誰でも利用できるわけではありません。利用する人を選ぶカードなのです。

■JALプラチナの特徴とは?

・年会費が高めの設定である

初年度年会費と2年目以降の年会費は31,000円+消費税の設定となっています。年会費としてはかなり高額となっているので注意しなければなりません。しっかりと使いこなしていかなければ、いくらプライオリティパス付きだからといって損してしまうおそれもあるわけです。

家族カードの年会費も高額です。15,500円+消費税の設定となっているのです。

・国際ブランドとは?

JALプラチナの国際ブランドはアメックスとなっています。高級な国際ブランドがついているので、その点は大きな魅力、といっても良いのではありませんか。

・プライオリティパスについて

JALプラチナのプライオリティパスですが、なんと家族会員も無料登録が出来る、といった特徴を持っています。家族も世界各地のラウンジが利用できるのです。自分だけではなく家族も海外旅行が好き、という方に適しているクレジットカードがJALプラチナです。

JCBプラチナ法人カードとプライオリティパスの関係性

プライオリティパスは法人カードについているケースもあります。法人カードとは個人事業主向けなどのクレジットカードとなっており、会社などの経費管理が楽になるものとしても広く知られています。上手く利用することで、いままで以上に会社の発展が期待できるわけです。

今回はそんな法人過度の一つであるJCBプラチナ法人カードについてお話します。非常に素晴らしい法人カードとして知られており、プライオリティパスもしっかりと付いています。そのカードの特徴に迫ります。

■JCBプラチナ法人カードの特徴とは?

・年会費が高めに設定されている

法人カードであり、しかもプラチナカードである、というとくちょうがあるのでしかたないかもしれません。そのJCBプラチナ法人カードの年会費ですが、実は30,000円の設定となっているのです。
比較的高めの年会費となっているので、その点は注意しましょう。

・インビテーションは不要

招待制ではないので、比較的気軽に申し込めるタイプのクレジットカードとなっています。ほかのJCB法人カードで利用実績を高める必要もないのです。

・海外旅行傷害保険の内容が手厚い

最高補償額が1億円の設定となっています。
大きな事故に巻き込まれてしまったとしても安心です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードもプライオリティパスがついてるって知ってた?

ビジネスカードを上手く活用していくことが会社の経営者の方に重要です。商機をつかむことにもつながってくることが多いからです。さらに法人カードの中には、プライオリティパスがついているものも少なくありません。プライポリティパスがついていれば、海外旅行や出張も非常に楽しくなるものです。

今回はビジネスカードでありプライオリティカード付きのクレジットカードであるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードもについてお話します。
果たしてどのような特徴を持っているクレジットカードなのでしょうか。

■セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードもの特徴とは?

年会費はどの程度に設定されているのか?

それほど高くはありません。プラチナカードであり、ビジネスカードであるということを考えると20,000円に設定されているということは、かなりお得なカードとして分類されるはずです。
ちなみに入会キャンペーンなども実施しています。

・インビテーションが不要である

招待制のカードではありません。安心して申し込みができる、といった設定になっているわけです。申し込みをしたいときに申し込みができるプラチナ毛お法人カードは貴重です。

・旅行保険がしっかりとしている

海外旅行保険が最高で1億円の設定となっています。

プライオリティパス付きカードならJCBゴールド ザ・プレミアをチェック

プライオリティパスがついているクレジットカードを利用したい、という方はどんどんと増えています。海外へ行く機会が多い、という方は特にプライオリティパス付きのクレジットカードを求める傾向があります。

今回はおすすめのプライオリティパス付きクレジットカードを紹介していきます。様々な特徴を持ったカードばかりなので、きっと紹介する中にあなたの望んでいるカードがあるはずです。

■おすすめプライオリティパス付きクレジットカードのJCBゴールド ザ・プレミアについて

・年会費が低いのにプライオリティパス付き!

プライオリティパス付きのクレジトカードは年会費が高いイメージがあります。30,000円や40,000円してしまうものも珍しくありません。

しかし、JCBゴールド ザ・プレミアに関しては10,000円+消費税の設定となっています。初年度年会費も、2年目以降の年会費も10,000円の設定となっているのです。

少額の年会費となっているので、継続利用もしやすいわけです。

・インビテーションが必要なカードである

JCBゴールド ザ・プレミアは誰でも持てるカードではありません。
JCBゴールドカードの利用金額が2年連続で100万円以上であり、MyJCBにメールアドレス登録をしている条件をクリアしているとインビテーションが届くのです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードもプライオリティパス付き

プライオリティパス付きクレジトカードはまだまだたくさんあります。今回紹介するのは、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」です。年会費が低めに設定されているので、圧倒的な利用しやすさがあるわけです。

今回はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードにはどんな特徴があるのか、といいうところを明らかにしていきます。

■セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費とは?

・年会費が低めの設定である!

初年度年会費は無料です。2年目以降の年会費は10,000円+消費税となっています。
アメックスカードであり、しかもゴールドカードであるにも関わらず10,000円で利用し続けられるのです。しかも、プライオリティパスがついているということなので、これ以上に良いカードはなかなかない、といっても過言ではありません。

家族カードの年会費にも注目です。家族カードの年会費は1,000円+消費税となっています。こちらも少額で利用できるといっても良い金額です。

・保険について

国内旅行保険も海外旅行保険も最高で5,000万円の設定となっています。高額の保険がついているので、海外旅行も国内旅行も安心です。
ちなみにショッピング保険もついており、最高200万円で120日間保証されています。

審査に通るクレジットカードを選ぶ

プライオリティパス付帯のクレジットカードのデメリットは、発行しにくいということでしょう。
プライオリティは、プラチナカード以上に付帯します。
一部ゴールドカードにも付帯することがありますが、プレステージ会員ではなくスタンダード会員だったりします。
またプライオリティパスを発行するには、別途年会費が必要になることもあります。
プレステージ会員のプライオリティパスを無料で発行するには、プラチナカード以上のクレジットカードを取得しなければならないのです。

しかしプラチナカードは、取得が難しくなってしまいます。
入会基準が高くなりますので、申し込みをしても審査に落ちるケースも少なくはありません。
また招待がないと、取得ができないクレジットカードもあります。

プライオリティパスが欲しくても、クレジットカード審査に通らないとどうにもなりません。
審査通過ができるように頑張りましょう!

審査が不安な人におすすめのクレジットカード

・申込での入会が可能なクレジットカードを選ぶ
招待制のみの入会となるクレジットカードは、その下位カードから始めなければなりません。
下位カードで実績をつみ、招待が来るのを待つしかないのです。
ただ招待状が来る基準は、クレジットカード会社により異なります。
「所定の基準」となり、どうすれば良いのかよくわからないクレジットカードもあります。
いくら使っても、招待状が来ない…ということもあるでしょう。
これではいつまでたっても、プライオリティパスは発行できません。
申込みができるクレジットカードであれば、申込みをすれば発行できる可能性があります。
招待制よりも審査は柔軟な傾向にあると言われていますし、まずは申込みで入会できるクレジットカードでプライオリティパスの発行を考えると良いでしょう。

・ゴールドカードを選ぶ
ゴールドカードはプラチナカードの下位クレジットカードとなります。
どちらが審査に通りやすいかというと、ゴールドカードとなるでしょう。
たとえばセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費10,000円(税別)+10,000円(税別)の年会費を支払うことで、プライオリティパスを発行することができます。
別途料金がかかりますが、プラチナカードの審査に通らないならおすすめです。
また楽天プレミアムカードもおすすめ。
年会費10,000円(税別)で、プライオリティパスを発行できます。
一般的なプラチナカードに比べると、審査は柔軟で入会しやすいでしょう。