どんなクレジットカードで発行できるの?

プライオリティパスは個人で発行することもできますが、高額な年会費を支払わなければなりません。
それならクレジットカードで発行した方がお得ということで、プライオリティパス付帯のクレジットカードの取得を目指す方が多くなっています。

プライオリティパスは、どんなクレジットカードにも付帯しているわけではありません。
クレジットカードは数百種類が発行されていますが、プライオリティパスが付帯するものは数えるほどしかないくらいです。

プライオリティパスが付帯するクレジットカード

・プラチナカード以上
プライオリティパスはランクが高いクレジットカードにしか付帯していません。
クレジットカードは一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとランクが上がって行きますが、プライオリティパスが付帯するのはプラチナカード以上となります。
アメックスグリーンやアメックスゴールドにもプライオリティパスは付帯しますが、スタンダート会員の資格となります。
年に2回までしか海外空港のラウンジを利用することができません。
年に何度でも利用可能となるプレステージ会員資格となるプライオリティパスが付帯するのは、やはりプラチナカード以上となってしまうのです。

・年会費が高い
プライオリティパスが付帯するのは、プラチナカード以上となります。
そのため年会費が高額になることは、覚悟しなければなりません。
低くても10,000円、だいたいは20,000円以上となり、高額だと300,000万円以上になるクレジットカードも。
年会費無料クレジットカードのように、気軽に持つことはできないと思っておきましょう。
ただプライオリティパスのスタンダート会員は、年会費が日本円にすると40,000円以上になります。
そう考えると10,000円〜30,000円程度の年会費でも、お得であると言えるでしょう。

・発行するのが難しい
クレジットカードの審査は、ランクが高くなるほど通過が難しくなります。
プラチナカードクラスになると、簡単に審査通過はできません。
パートやアルバイトといった非正規社員や、専業主婦、学生などは、審査通過するのはほぼできない…と思っておいた方が良いかもしれません。
会社員や公務員、会社経営者などは発行しやすいですが、ある程度の高い年収は必要となります。
自力で発行できない場合は、家族会員にもプライオリティパスが発行できるクレジットカードで、家族カードを発行してもらうのが良いでしょう。

楽天プレミアムカード

プライオリティパスが発行可能なクレジットカードの中で、年会費が低いのが楽天プレミアムカードです。
クレジットカードの年会費は抑えたいけれど、プライオリティパスは欲しい…。
プライオリティパスって便利そうだけれど、プラチナカードは年会費が高すぎる…。
そんな方にはおすすめのクレジットカードです。

・年会費
年会費は10,000円(税別)で、プライオリティパスが付帯するクレジットカードの中では格安です。
一般ゴールドカード並の年会費で、プライオリティパスの取得ができてしまいます。
これは非常にコストパフォーマンスが高いでしょう。

・ポイントがたまりやすい
楽天プレミアムカードは、100円に1ポイントがたまります。
そして楽天市場では、いつでもポイント5倍になります。
楽天市場では通常ポイント1%、楽天カード決済3%となり、合計4.0%のポイントを獲得できます。
楽天プレミアムカードならさらに1%が上乗せされるので、合計5.0%のポイントを獲得することが可能です。
楽天市場で100,000万円利用をすれば、5,000円分もポイントが還元されるのです。
さらに誕生月には楽天市場と楽天ブックスでは、ポイントがプラス1倍となります。
お得としか言いようがないクレジットカードです。

・選べるコースでさらにポイントアップ
楽天市場コースでは毎週火曜、木曜に利用をすると、ポイントがプラス1倍になります。
トラベルコースでは楽天トラベルでオンライン決済をすると、ポイント+1倍になります。
エンタメコースでは楽天SHOWTIMEの利用時に、ポイント+1倍になります。
利用頻度により、選択すると良いでしょう。

・空港ラウンジ
国内主要の28空港、ハワイホノルル、韓国仁川空港のラウンジを利用することができます。
そして楽天e-NAVIから申込をすれば、プライオリティの発行も可能です。
世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるようになるので、海外渡航が多い方にはおすすめのクレジットカードです。
申込みから発行まで2週間程度かかりますので、余裕をもって申込をしておきましょう。

・デメリット
楽天プレミアムカードは、ステイタスに欠けると言われています。
楽天カードはたくさんの人が所有をしており、庶民的なクレジットカードです。
上位クラスとなっても、庶民的な感じがするクレジットカードなのです。
ステータスを求める方は、他のクレジットカードの方がよいかもしれません。

MUFGカード・プラチナ・アメックスカード

本カードでプライオリティパスを発行できても、家族カードでは無理なクレジットカードもあります。
家族にもプライオリティパスを発行したいなら、おすすめなのはMUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードです。

・年会費
年会費は20,000円(税別)です。
プラチナカードでは低めの年会費でしょう。
家族カードは1枚目までは無料、2枚目より3,000円(税別)となります。
家族カードの年会費も低めに設定されているのでお得です。
1枚しか発行しないのであれば、家族カードの年会費ゼロで済むクレジットカードです。

・空港ラウンジ
プライオリティパスが発行できるので、国内空港だけでなく海外約1,000か所の空港ラウンジを利用することができます。
MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードの嬉しいところは、家族カードにもプライオリティパスを発行できることです。
家族で海外に行くときに、家族は空港ラウンジが有料となると利用しにくいですよね。
家族にもプライオリティパスが発行できれば、みんな無料でラウンジを利用することができます。
家族カードは1枚目年会費無料ですし、2枚目からも3,000円(税別)という価格で、プライオリティパスを発行できるのはお得です。

・渡航便遅延保険がある
格安航空を利用するときに、あると便利なののが渡航便遅延保険です。
最高2万円まで補償されるので、遅延や欠航をしたときに助かるでしょう。
フライトが多いならおすすめのクレジットカードです。
最高1億円の海外旅行保険、最高5,000万円の国内旅行保険、ショッピング保険最高300万円と、各種保険も充実しています。

・ポイント優遇がある
初年度は国内利用1.5倍となります。
翌年度からは年間利用金額により1.2倍〜1.5倍にもできます。
そして指定したアニバーサリー月や、海外利用分はポイント2倍になります。
ポイントを優遇があるので、ポイントでお得ができるクレジットカードでもあります。
プライオリティパスを取得したいということは海外渡航が多いということになりますから、海外利用分ポイント2倍なのは嬉しいのではないでしょうか。

・デメリット
基本のポイント還元率が低いのがデメリットでしょう。
1,000円に1ポイント付与となり、ポイント還元率は0.5%となります。
お得なクレジットカードとして使うには、もう少し高い還元率の方が良いでしょう。
ポイントをためるというより、プライオリティパスなどの多彩なサービスをメインとして使いたいクレジットカードといえます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード

法人カードでもプライオリティパスを発行できるクレジットカードがあります。
おすすめとなるのが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード です。
年会費がお手ごろなのもメリットです。

・年会費
20,000円(税別)です。
プラチナカードでは低い金額となりますが、年間利用金額は200万円以上になると翌年度は10,000円(税別)になります。
利用金額によって年会費を半額にできるので、お得感があるクレジットカードでしょう。
追加カードは4枚まで発行でき、年会費は3,000円(税別)

・空港ラウンジ
国内主要空港だけでなく、プライオリティパスが付帯するので海外空港のラウンジも利用できます。
このくらいの年会費でプライオリティパスが付帯するのは、コストパフォーマンスが高いです。
プライオリティパスのために、発行しても良いクレジットカードでしょう。

・マイルをためやすい
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード は、1,000円につき1ポイントがたまります。
海外利用じは2倍となります。
たまるポイントは永久不滅ポイントなので、ポイント失効をする心配がないメリットがあります。
そしてセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード は、JALマイルがためやすいクレジットカードでもあります。
セゾンマイルクラブに登録をすると、1,000円につき10マイル+2,000円につき1ポイントがたまるようになります。
ショッピングでマイルをためやすいクレジットカードなのです。
JALで海外に行くということもあるでしょう。
プライオリティパスもありますので、マイルもたまり空港ラウンジも利用できるのでお得です。

・発行しやすいアメックス
アメックスのプロパーカードより年会費が低いですし、審査も通りやすいとされています。
プロパーよりも発行しやすいアメックスブランドのクレジットカードでしょう。
ステータスの高いアメックスブランドを狙っているならおすすめです。

・デメリット
プライオリティパスが付帯しおすすめのクレジットカードなのですが、法人カードとなりますので個人事業主や法人のみが発行対象となります。
サラリーマン向けのクレジットカードではありません。
一般向けのセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード もあるのですが、こちらは招待制となっています。
申込による発行はできませんので、簡単には発行できないクレジットカードです。

JAL JCBプラチナカード

JALでのフライトが多い方に、おすすめのクレジットカードはJALカードでしょう。
プライオリティパスを発行するには、プラチナクラスのJALカードを発行する必要があります。
おすすめなのはJAL JCBプラチナカードです。
プラチナカードは招待制も多いですが、申込みによる発行も可能なクレジットカードです。

・年会費
33,480円(税込)、家族カードは 16,740円(税込)です。

・空港ラウンジ
プライオリティパスが付帯し、国内主要空港のラウンジ、海外1,000か所以上の空港ラウンジを利用できます。
ただ空港ラウンジにはJALが運営するラウンジ「サクララウンジ」もありますが、こちらは利用することができません。
ぷらオリティパスが発行できても、対象外となってしまいます。

・マイルがたまりやすい
入会搭乗ボーナス5,000マイル、継続マイル2,000マイル、フライトボーナス+25%など、JALでフライトをするたびにマイルをためられるクレジットカードです。
JAL機で海外にいけばマイルもたまりますし、プライオリティパスがあるので空港ラウンジも使えてしまいます。
海外に行くときは、必須のクレジットカードとなるでしょう。
またJAL JCBプラチナカードは、ショッピングでもマイルをためやすいです。
JAL JCBプラチナカードはショッピングマイルプレミアムには、年会費無料で自動登録となります。
100円で1マイルたまりますので、お得です。
さらにJALグループの利用時は、100円に2マイルのアドオンマイルもあります。

・ディズニーデザインあり
JAL JCBプラチナカードは通常のクレジットカードデザインだけでなく、ディズニーデザインが用意されています。
女性や小さいお子さんがいる方には好評のデザインです。
ディズニーは世界的に人気があるキャラクターですので、海外でも興味を持たれるデザインでしょう。

・デメリット
JCBブランドということで、海外では使いにくいという印象があります。
プライオリティパスを使いたい人は、海外でも使いやすいクレジットカードを望んでいるでしょう。
JCBブランドは海外ではシェア率が低く、使える場所が少ないデメリットがあるのです。
ただJCBは現在ディスカバーと提携をしています。
アメリカのディスカバーは、海外でも利用しやすいクレジットカードブランド。
ディスカバーの加盟店ではJCBのクレジットカードも使えますので、使える場所は思ったより少なくないでしょう。