海外空港のラウンジを使えるプライオリティパス

海外空港のラウンジを使えるプライオリティパス主要空港には、空港ラウンジが設けられています。
空港によっては複数用意されているところもあります。
海外の空港ラウンジを使えるようになるのが、プライオリティパスです。
プライオリティがあると130か国、1,000か所以上の空港ラウンジを使えるようになります。
海外空港を利用するなら、あると便利です。

プライオリティパスへの入会は、個人でも行うことができます。
プライオリティパスのサイトに行けば、オンラインでも申込が可能です。
ただ現在、プライオリティパスに個人で申込みをする…というケースは、ほとんどないようです。

プライオリティパスの会員証を持っている人は、ほとんどがクレジットカードでの入会となっています。
クレジットカードには、たくさんのサービスが付帯しています。
国内の空港ラウンジを利用できるサービスもあります。
サービスの一つとして、プライオリティパスが付帯するクレジットカードもあるのです。

空港では時間を持て余すことは多々あります。
フライトまでにまだ何時間もある、搭乗予定便が遅延や欠航した…といったときは、ロビーで待つことができます。
しかしロビーは混み合っていて、ゆっくりできないことが多いでしょう。
そんなときに使いたいのが空港ラウンジです。

海外の空港ラウンジでは、ドリンクや軽食が用意されています。
機内食があるとしてもそれまでまだ時間があるので、お腹を満たしておきたい…というときは良いでしょう。
ラウンジによってはドリンクだけでなく、アルコールも無料の場合もあります。
また時間帯や季節により用意されるメニューが異なるなど、何度利用しても飽きずに利用できます。

そしてシャワールームやスパルームが用意されている、空港ラウンジもあります。
フライト前後にさっぱりリフレッシュしたいときは、ぴったりでしょう。
またWi−Fi環境も整っていますので、パソコンで仕事をすることもできます。
ビジネスデスクや一部会議室があるラウンジもありますので、ビジネスにもぴったりでしょう。
海外出張時にも、空港ラウンジは役立ちます。

プライオリティパスがあれば、こういった海外空港のラウンジを無料で利用できるようになります。
海外渡航が多いなら、プライオリティパスが付くクレジットカードを発行するのがおすすめです。
クレジットカードは年会費がかかります。
しかしプライオリティパスが付帯することを考えれば、それほど高いものではないと感じるでしょう。

プライオリティパスの種類

プライオリティパスには、3つの種類があります。
スタンダード会員、スタンダードプラス会員、プレステージ会員があります。
異なるのはラウンジの利用料金と年会費でs。

・スタンダード会員
年会費99ドルで、お手ごろな年会費となっています。
ラウンジの利用は都度27ドルが必要となり、支払いはクレジットカードにより行います。
利用回数が少ない方向けです。
同行者も27ドルで利用できます。

・スタンダードプラス会員
年会費は249ドルで、年に空港ラウンジを10回無料で利用することができます。
スタンダード会員より年会費はやや高めですが、何度も利用するならお得になります。
10回以上の利用分の料金は27ドルです。
同行者は常に都度27ドルが必要です。

・プレステージ会員
年会費は399ドルでやや高めですが、何度でも無料で空港ラウンジを利用できます。
回数を気にせずに空港ラウンジを使いたいなら、プレステージ会員がおすすめでしょう。
同行者は常に27ドルが必要です。

プレステージ会員の年会費は、日本円にすると40,000円を超えてしまいます。
空港ラウンジのために毎年40,000円を支払うのは、戸惑う方が多いのではないでしょうか。
そこまでしてプライオリティパスは必要ない…と思うのが普通でしょう。
お金に余裕があり、40,000円なんて余裕!という人は、それほどいないかと思います。

年会費が高額ということが、個人でプライオリティパスに申込みをするケースが少ない要因となります。
プライオリティパスが付帯するクレジットカードは、ほとんどがプレステージ会員の資格を得ることができます。
クレジットカードの年会費を支払えば、別途プライオリティパスの年会費を支払う必要はありません。
実質無料ですから、40,000円以上が浮きます。
それならプライオリティパスは、クレジットカードで取得をした方がお得となるのです。

ただクレジットカードによっては、プライオリティパスが付帯していてもスタンダード会員資格…という場合もあります。
アメックスのグリーンカードやゴールドカードは、プライオリティパスが付帯しています。
しかしスタンダート会員資格となるため、空港ラウンジを無料で使えるのは年に2回までとなってしまいます。
海外空港の利用が多い場合は、2回では足りない!となってしまうでしょう。
プレステージ会員資格を得られる、プライオリティパス付帯のクレジットカードを発行するのがおすすめです。

プライオリティパスは航空会社のラウンジも使える

空港ラウンジは、大きく分けて2種類あります。
航空会社が運営するラウンジと、クレジットカード会員向けのラウンジです。
クレジットカードで使えるのは、主にクレジットカード会員向けのラウンジとなります。

航空会社のラウンジは、その航空会社の上級会員向けとなります。
ビジネスクラスやファーストクラスを利用する人、利用頻度が高い人しか使うことができません。
クレジットカードを持っているだけでは、利用することはできないのです。
航空会社発行のクレジットカードを持っていても、利用ができないことがほとんどです。

しかしプライオリティパスは、一部の航空会社のラウンジを利用することも可能です。
一部有料の場合もありますが、無料で航空会社のラウンジを利用できるのはお得でしょう。
なぜなら航空会社のラウンジは、クレジットカード会員向けのラウンジよりサービスが充実しているからです。
アルコールやシャワールームが無料で利用できたりします。
また上級会員向けということで、クレジットカード会員向けのラウンジより混雑をしていません。
クレジットカードを持っていれば良いので、利用ができる人の数は多いです。
場合によっては満員で断られてしまうなんてことも…。
空港会社のラウンジは混み合うことが少なく、ゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。

航空会社のラウンジは、その航空会社の便に搭乗しなければ利用できないのでは?と思っているケースもあります。
実際はそんなことはありません。
プライオリティパスがあれば、搭乗便にかかわらず利用することができます。

クレジットカード会員向けの空港ラウンジは、近年はそれほど居心地が良くないとも言われています。
国内の空港ラウンジ利用サービスは、ゴールドカード以上のクレジットカードに付帯します。
現在はゴールドカードの希少性が薄れ、所有する人が増えてしまいました。
そのため誰でも空港ラウンジを利用できるようになり、利用者の質が落ちている…といわれているのです。
運が悪いとマナーが悪い利用客に遭遇してしまうこともあり、空港ラウンジなんて使うもんじゃないという声もあります。
それならばプライオリティパスを取得できる、クレジットカードを発行するのがおすすめでしょう。
プライオリティパスで航空会社のラウンジを利用できるようになれば、いつでも有意義な時間を過ごせる可能性が高くなります。
国際線を利用するときは待ち時間も長くなりがちですから、ラウンジが利用できるとありがたいですよ。

プライオリティパスはどこのラウンジが利用できる?

クレジットカードに付帯するプライオリティパスがあると、世界中の空港ラウンジを利用できるようになります。
アフリカ、アジア、ヨーロッパ大陸、中南米、中近東、北米、米国・アイルランドなど、世界中ほとんどの地域を網羅しています。
利用できる場所はどんどん増えており、現在では1000か所以上の空港ラウンジを利用できるようになっています。
ただすべての空港ラウンジをカバーしているわけではありません。
利用できるところ、できないところがありますので、注意をしましょう。

プライオリティパスで利用できる人気ラウンジ

・ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港
世界でもっとも利用者数が多い空港です。
シャワーがあったり、24時間利用できるラウンジもあります。

・シカゴ・オヘア国際空港
会議室が併設されている空港ラウンジです。
バリアフリーに対応しているのも嬉しいところ。

・ジョン・F・ケネディ国際空港
24時間のラウンジがあり、いつ訪れても利用することができます。
フライト情報を確認できる画面もあり。

・香港国際空港
VIPラウンジの利用ができ、軽食の提供もあります。

・ガトウィック空港
英国で一番利用者が多い空港です。
有料のスパ施設があるラウンジがあり、プライオリティパスがあると割引料金で利用ができます。

・スワンナプーム国際空港
バンコク国際空港とも呼ばれる空港です。
禁煙のラウンジもあります。

・ロサンゼルス国際空港
フライト情報が確認できる画面、会議室が併設されているラウンジがあります。
ラウンジにより利用可能な年齢が制限されていることがありますので、確認のうえ利用するようにしてください。

プライオリティパスがあると、こういったラウンジを利用できます。

クレジットカードに付帯するプライオリティパスは、国際線が中心となります。
日本の空港でも利用可能なのは成田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港で、国内線でも利用ができます。
国内にはたくさんの空港がありますので、国内線での利用はほとんどできないと思っても良さそうです。
国内線を使うのであれば、クレジットカードの空港ラウンジ利用サービスで良いでしょう。
ゴールドカード以上のクレジットカードになると、空港ラウンジ無料利用サービスが付帯することが多くなります。
これがあれば、国内線のラウンジを利用できます。
無理にプライオリティパスが付帯するクレジットカードではなくても良いことになるでしょう。

プライオリティパスの注意点

プライオリティパスは個人で申込みもできますが、最高ランクのプレステージ会員になると高額の年会費を支払わなければなりません。
日本円に換算すると40,000円以上もしますので、わざわざ入会をしたいという人は少ないです。
ほとんどの人がクレジットカードのサービスの一つとして、プライオリティパスを発行しています。

プライオリティパスは、クレジットカードを発行すれば自動的に付いてくるものではありません。
クレジットカードを発行し、さらにプライオリティパスに申し込みをしなければなりません。
国内空港のラウンジは、搭乗券とクレジットカードを提示すれば利用をすることができます。
海外空港でもクレジットカードがあれば良いと思っていたら、大間違い。
プライオリティパスを必ず別途発行しておきましょう。

プライオリティパスはクレジットカード会社の会員サイトから、申込みができるようになっています。
たとえば楽天プレミアムカードなら、会員サイトのe-NAVIから申込ができます。
申込から発行までは2週間程度必要になりますので、早めに申込を終えておきましょう。
海外に行く日が迫っているのにプライオリティパスを発行していなかった!申込をしたけれどまだ届いていない!といったことがないようにしてください。

またプライオリティパスには、有効期限があります。
有効期限が切れているプライオリティパスは、利用することができませんので注意をしましょう。
空港ラウンジで「使えません」と言われ、恥ずかしい思いをしてしまうことになります。
プライオリティパスは、有効期限が切れたからといって自動的に有効期限が更新されるということはありません。
クレジットカードなら有効期限が近づくと、新しい有効期限のクレジットカードが自動的にとどきます。
自分で手続きなどをする必要はなくラクです。
しかしプライオリティパスは、有効期限が切れると再度申込をしなければならないのです。
申込みを忘れていると、海外空港のラウンジをは使えなくなってしまいます。

しばらく海外に行っていない…という方は、プライオリティパスの期限が切れている可能性があります。
自分はどうなっているのか、確認をしてみましょう。
もし切れていれば、再度クレジットカード会社に発行依頼をしてください。
先にも述べましたが申込から発行までは2週間程度かかってしまいます。
常にプライオリティパスの有効期限は、気にしておくのがおすすめです。